2016年

2月

01日

恵方巻き?(204)

今日のおやつは恵方巻きにちなんだ海苔巻です。

のりがかみちぎれなくて苦戦しました。

可能な限りいろいろな食材を経験していただいています。

0 コメント

2016年

1月

23日

生姜焼き(198)

今日のおやつは生姜焼きと麦ごはんでした。

元寿司職人が作るおやつはおいしかったかな?

 

0 コメント

2016年

1月

22日

おやつ(蒲生)(195)

今日のおやつは「サンドイッチ」とコンソメスープ

未就学児クラスでは

卵をゆでて、殻むきとマヨネーズとあえるのをみんなでやりました。

自分で作ったサンドイッチはおいしかったかな?

0 コメント

2015年

12月

28日

いっぽいっぽ蒲生の未就学クラスのスケジュール(192)

10:00 登園 (送迎、母子通園どちらも可)手洗い、検温

10:10 出欠確認

10:15 自由遊び

11:00 集団遊び

11:15 自由遊び

11:40 おやつ作り

12:00 おやつ

12:30 休憩

12:50 帰りの支度

13:00 降園~送迎

 

2015年

7月

27日

福祉有償運送自動車講習(185)

 安心、安全を提供する送迎ドライバーを創出するため、福祉有償運送運転者講習を法人職員4人で受講しました。

 約9時間の座学と演習、運転実技で一人15000円税別です。

 勉強してわかったことですが、介護保険の訪問介護の事業者指定を受けていれば、介護保険が適用される送迎も可能になり、障害者総合支援法の居宅介護も同様ですので、病院等への通院に使えます。

これから詳細を詰めていき、事業開始の手続きをします。多くの人が喜んでくれたらと願っております。



0 コメント

2015年

6月

28日

日常風景2(180)

0 コメント

2014年

12月

06日

相談支援について(166)


 児童デイを立ち上げた3年前の考えは、「児童デイだけ集中してやろう。そこで完結して他の事業は一切やらない」としていました。

 

 児童デイを立ち上げる前の生活介護の施設長だった時は、振り返りますと他施設に媚びず跪かずの姿勢で連携など考えずに生意気な態度をとっていたかと思います。


 親御さんが亡くなり利用者が他施設に入所された時は「入所ごときに負けた」の一言で悔しがりバーンアウトしました。本当に失礼な態度をとっていました。通所施設の限界を知り、家族支援とはどうすればできる?成人する前の児童のうちに自立の一助となる施設を作れないものかと考え始めました。


 そして児童デイ立ち上げの転機をいただき数人の卒業生を送り出す中で、新たなニーズが見えてきました。というよりニーズに向き合う姿勢を持ち始めました。

 それは、「働く場所の創設」「高校卒業後の施設創設」です。


 しかし、この2つの事業を創設するには「ヒトモノカネ」すべてない状態。であるならば、卒業生を見送りつつ関わり続けられる「相談支援」を始めようと相談支援事業所A4を興しました。主にサービス等利用計画書を作成する計画相談を行っております。現在訪問後2日で計画案を提出しますので、予約が殺到している状態であります。


 何気ない日常が幸せと思える計画書作りに心を込めています。

 


 

0 コメント

2014年

9月

16日

仕事の作り方(151)

仕事の作り方(iPhoneカバーの作り方)


おおまかにこんな感じで仕事を作っています

 

1.利用者さんの能力の現状把握をする

 

2.把握をした上で、「作業」や「課題」を作る

 

3.流行している小物を市場調査する

 

4.「売る」ものを決める

 

iPhoneカバーにデコしたものを売ると決める)

 

5.作業工程を分割する (分割しなくてもできる人もいる)

 

6.分割した作業工程にそれぞれ役割を決める

 

7.ネット販売のシステムを作っておく

 

8.受注発生

 

9.稼ぐ

0 コメント

2014年

8月

31日

相談支援初任者研修(139)

相談支援初任者研修を受講いたしました。

 

サービス等利用計画書の作成の方法を学びました。

ざっとまとめると

題材は

一人の隠されたニーズがあります。でも現在は実現不可能です。

相談員がそのニーズの実現に向けて、必要な職種にアプローチします。

各職種の担当する役割を決めます。

計画書を作成します。

本人に同意を得てからサービスの実施となります。

1ヶ月経過後モニタリングをします。

変更があれば、計画書を修正していきます。

 

 

 

 

 


0 コメント

2012年

2月

24日

建物に物足りなさを感じる(個別支援計画の反省から)(060)

 

 先日、スタッフと個別支援計画の評価を始めました。

 

 評価をしていくなかで、現在使用している建物の設備面を改善していくことが急務と気づかされました。

 

 リフォームをしなければ、改善できない所もあるので、できるところから開始いたしました。

 

 まず、トイレ。幼児、児童、生徒がトイレに入りたがらない。排せつ介助が思うように進まない。

 

 主な理由(推測も含めて)

 排せつ介助をするのに狭すぎる。

 

 2人いると圧迫感がある。

 

 便座に座ると吸い込まれそうで怖い。

 

 便座が冷たい。寒い。

 

 便座に座ると足が床に届かず不安定になる。

 

 水の音が怖い。

 

 水が大好きで遊びたくなる。

 

 などの理由が考えられ、設備面での改善をできるところから始めました。

 

 設備面での改善

 おしりが落ちないように幼児用の便座を用意しました。

 

 足が届くように踏み台を用意しました。

 

 バランスを保てるように手すりを付けました。

 

 まだまだ、トイレや設備面での改善点は多数あります。

 

 心理面での対応

 安心感をもっていただける工夫(声掛け、見守り)を継続

 

 当たり前のことすぎて、今頃取り組んでいて恥ずかしくなってきました。

 

 トイレの広さの拡大・・・現状難しいです

 暑さ、寒さ対策・・・・・暑さは冷風器、寒さはウォームレット等で対応予定です

 

 

 

0 コメント

2011年

12月

17日

ぬかみそ(025)

 

  私、漬物はほとんど食べられないのですが、ぬかみそも触ったことすらないんですが子どもたちのため挑戦。
 
 初めてぬかみそを触りました。何とも言えない感触ですね。毎日かき混ぜているお母様方を尊敬します。

 ~食べてくれるといいなぁ~

 事業所に小さな畑を作りました。夏には野菜が採れると思います。今は土づくりをしている段階です。みんなでお水をあげたりして育てよう。自分で育てたら苦手な野菜も食べられるかな。

0 コメント

a

  埼玉県指定 事業所番号

 いっぽいっぽ  1150800066

(児童発達支援・放課後等デイ)

越谷市平方2003-10

電話  :048-971-6990

FAX  :048-971-6828

e-mail:office_shinn

                          @yahoo.co.jp

 

 いっぽいっぽ中央1150800140

(児童発達支援・放課後等デイ)

越谷市東越谷6-204-1

電話 :  048-967-3878

FAX: 048-971-7285

 

 相談支援事業所A4

特定相談支援事業 1130800723

障害児相談支援事業1170800237

越谷市蒲生茜町29-1

電話: 048-940-1439

FAX: 048-940-1459

 

 いっぽいっぽ蒲生

(児童発達支援・放課後等デイ)

事業所番号 1150800397

越谷市蒲生茜町29-1

電話: 048-961-8467

FAX: 048-961-8468

 

 ・生活サポートSGY

 ・福祉有償運送 

  関埼福第324号

  セダンタイプの車両となります

越谷市平方2003-10

電話:080-5964-8245

FAX:048-971-6828

 

 

蒲生保護者評価 2017.12.11 .pdf
PDFファイル 130.2 KB
平方保護者評価.pdf
PDFファイル 131.0 KB
中央保護者評価.pdf
PDFファイル 127.8 KB