自立支援法と児童福祉法の上限管理の関係(097)

 当ホームページのアクセス数が「上限管理」のキーワードで異常に伸びております。

 

 自立支援法の障害福祉サービスと児童福祉法の旧児童デイのサービスでは、一律に上限管理を行いません。

 

 つまり、居宅系サービスや短期入所を複数利用した場合は自立支援法事業者での上限管理が行われ、旧児童デイなどを複数利用された場合は児童福祉法事業者で上限管理が行われます。双方が交わることはありません。

 したがって、利用者によっては自立支援法での上限管理と児童福祉法での上限管理と2つの事業者に利用者負担金を払うことになります。市町村に申請すれば返金される方もいます。(正確には市町村にお問合せください)必ず事業者から発行義務のある領収書をもらってくださいね。

 

 この上限管理のことを知らない、Q&Aも載っていないので混乱が生じています。電子請求の締切もあと2日。冷静に対応していきましょう。

a

  埼玉県指定 事業所番号

 いっぽいっぽ  1150800066

(児童発達支援・放課後等デイ)

越谷市平方2003-10

電話  :048-971-6990

FAX  :048-971-6828

e-mail:office_shinn

                          @yahoo.co.jp

 

 いっぽいっぽ中央1150800140

(児童発達支援・放課後等デイ)

越谷市東越谷6-204-1

電話 :  048-967-3878

FAX: 048-971-7285

 

 相談支援事業所A4

特定相談支援事業 1130800723

障害児相談支援事業1170800237

越谷市蒲生茜町29-1

電話: 048-940-1439

FAX: 048-940-1459

 

 いっぽいっぽ蒲生

(児童発達支援・放課後等デイ)

事業所番号 1150800397

越谷市蒲生茜町29-1

電話: 048-961-8467

FAX: 048-961-8468

 

 ・生活サポートSGY

 ・福祉有償運送 

  関埼福第324号

  セダンタイプの車両となります

越谷市平方2003-10

電話:080-5964-8245

FAX:048-971-6828

 

 

蒲生保護者評価 2017.12.11 .pdf
PDFファイル 130.2 KB
平方保護者評価.pdf
PDFファイル 131.0 KB
中央保護者評価.pdf
PDFファイル 127.8 KB