マズローの5段階欲求説(120)

マズローの5段階欲求説を仕事に当てはめると面白い。

つい最近までは、欲求=ニーズとだけとらえていました。

生理的欲求、安全の欲求は食事介助や排せつ介助、環境整備で介助の質を高めれば良いのだなと。

所属や愛、承認の欲求はあるがままを受け入れた悟りの境地かとも思っていましたし、

自己実現とはなんだ?利用者がやりたいことを支援すれば、たとえそれが犯罪だとしてもいいのか?と疑問もありました。

議論のための議論は好きじゃないので、この説は気に留めるくらいでしたが、

「働く」欲求となると新しい展開をみつけました。

 

生理的、安全は食べるために働く。

所属や愛、承認は仲間外れにされない安心感であり認められているという充実感のために働く。

自己実現は自分を成長させるために働くということがいえて、更に「好き」で「儲かって」「世の為人の為」になると実感できている「その時」が自己実現しているんだと思う。

 

最近、障がい者の就労をテーマに考えていますが、一人の人としてその仕事が「好き」で「給料に満足」して「人から感謝される」仕事や職場を創り上げていきたい。

 

a

  埼玉県指定 事業所番号

 いっぽいっぽ  1150800066

(児童発達支援・放課後等デイ)

越谷市平方2003-10

電話  :048-971-6990

FAX  :048-971-6828

e-mail:office_shinn

                          @yahoo.co.jp

 

 いっぽいっぽ中央1150800140

(児童発達支援・放課後等デイ)

越谷市東越谷6-204-1

電話 :  048-967-3878

FAX: 048-971-7285

 

 相談支援事業所A4

特定相談支援事業 1130800723

障害児相談支援事業1170800237

越谷市蒲生茜町29-1

電話: 048-940-1439

FAX: 048-940-1459

 

 いっぽいっぽ蒲生

(児童発達支援・放課後等デイ)

事業所番号 1150800397

越谷市蒲生茜町29-1

電話: 048-961-8467

FAX: 048-961-8468

 

 ・生活サポートSGY

 ・福祉有償運送 

  関埼福第324号

  セダンタイプの車両となります

越谷市平方2003-10

電話:080-5964-8245

FAX:048-971-6828

 

 

蒲生保護者評価 2017.12.11 .pdf
PDFファイル 130.2 KB
平方保護者評価.pdf
PDFファイル 131.0 KB
中央保護者評価.pdf
PDFファイル 127.8 KB