ストレス耐久値を上げるには?336

 

特定非営利活動法人 青藍会の日野尊憲です。

 

 

 

本日もブログをご覧いただきありがとうございます。

 

 

 

栄養素の不足と身体の症状や習慣の因果関係

 

 

 

環境の変化に弱くなる 

 

 

 

ストレス耐久値をあげよう!

 

ビタミンB5(パントテン酸)

 

 

 

疲れやすい

 

アレルギーや湿疹がある

 

便秘気味

 

吹き出物や白髪が増えた

 

頭痛がする

 

足がつりやすい

 

コーヒーをよく飲む

 

 

 

ビタミンB5が不足すると副腎で生成されるコルチゾールというホルモンが作れません。

コルチゾールはストレスに強くなるホルモンです。

 

 

 

ビタミンB5は卵黄や納豆、モロヘイヤ、肉類、たらこなどに多く含まれています。

 

 

 

新学期になると環境の変化があって、辛そうなお子さんにはビタミンB5の消耗が激しいので、卵料理や納豆などで補給してあげてください。

 

 

 

今日はこんなお話で終わりたいと思います。

 

 

 

最後までご覧いただきありがとうございます。それでは!

 

 

 

a

  埼玉県指定 事業所番号

 いっぽいっぽ  1150800066

(児童発達支援・放課後等デイ)

越谷市平方2003-10

電話  :048-971-6990

FAX  :048-971-6828

e-mail:office_shinn

                          @yahoo.co.jp

 

 いっぽいっぽ中央1150800140

(児童発達支援・放課後等デイ)

越谷市東越谷6-204-1

電話 :  048-967-3878

FAX: 048-971-7285

 

 相談支援事業所A4

特定相談支援事業 1130800723

障害児相談支援事業1170800237

越谷市蒲生茜町29-1

電話: 048-940-1439

FAX: 048-940-1459

 

 いっぽいっぽ蒲生

(児童発達支援・放課後等デイ)

事業所番号 1150800397

越谷市蒲生茜町29-1

電話: 048-961-8467

FAX: 048-961-8468

 

 ・生活サポートSGY

 ・福祉有償運送 

  関埼福第324号

  セダンタイプの車両となります

越谷市平方2003-10

電話:080-5964-8245

FAX:048-971-6828

 

 

蒲生保護者評価 2017.12.11 .pdf
PDFファイル 130.2 KB
平方保護者評価.pdf
PDFファイル 131.0 KB
中央保護者評価.pdf
PDFファイル 127.8 KB