ニーズをプログラムにする#364

ニーズをプログラムにする

 

福祉施設職員の仕事の醍醐味の一つです

 

それは、利用者様の気持ちや意思を表出していただくこと

 

ニーズを顕在化すること

 

そのニーズについて支援させていただくことです。

 

例えば、星や星座の話しが好き、乗り物が好きなどの情報があり

 

宇宙旅行に行きたいというニーズがあるとします。

 

このニーズを支援させていただくなら

 

宇宙についてのDVDを鑑賞する

プラネタリウムに行く

種子島にロケットを見に行くなどと

オリジナルのプランができそうです。

 

このようなプランをおひとりづつ一年にひとつ作成していくと

 

楽しくてしょうがない。

a

  埼玉県指定 事業所番号

 いっぽいっぽ  1150800066

(児童発達支援・放課後等デイ)

越谷市平方2003-10

電話  :048-971-6990

FAX  :048-971-6828

e-mail:office_shinn

                          @yahoo.co.jp

 

 いっぽいっぽ中央1150800140

(児童発達支援・放課後等デイ)

越谷市東越谷6-204-1

電話 :  048-967-3878

FAX: 048-971-7285

 

 相談支援事業所A4

特定相談支援事業 1130800723

障害児相談支援事業1170800237

越谷市蒲生茜町29-1

電話: 048-940-1439

FAX: 048-940-1459

 

 いっぽいっぽ蒲生

(児童発達支援・放課後等デイ)

事業所番号 1150800397

越谷市蒲生茜町29-1

電話: 048-961-8467

FAX: 048-961-8468

 

 ・生活サポートSGY

 ・福祉有償運送 

  関埼福第324号

  セダンタイプの車両となります

越谷市平方2003-10

電話:080-5964-8245

FAX:048-971-6828

 

 

蒲生保護者評価 2017.12.11 .pdf
PDFファイル 130.2 KB
平方保護者評価.pdf
PDFファイル 131.0 KB
中央保護者評価.pdf
PDFファイル 127.8 KB