ニーズの多様化にお応えするもの#398

ニーズの多様化にサービスの引き出しを増やすのか

 

措置制度の時代は障害者が数少ない施設に入るために、

家族は頭を下げてお願いしてようやく入れてもらうとか聞いたことがあります。

 

今は、契約制度の時代になり10年以上経過しました。

時と共にサービスを提供する事業所が増え利用する側が施設事業所を選べる時代になりました。

 

サービス過多の中個性を出していく方法としては、

あらゆるニーズに対応してプログラムを作ったり、

事業化することが手っ取り早いし即効性はあることでしょう。

 

人からもらった方法はオリジナル性や哲学がないから浅はかで長続きしないから、

ニーズの多様化に対してサービスを作り続けるだけではなく、

人の気持ちがわかる人を作ることに行きついた。

 

人情の機微がわかる人になろう

a

  埼玉県指定 事業所番号

 いっぽいっぽ  1150800066

(児童発達支援・放課後等デイ)

越谷市平方2003-10

電話  :048-971-6990

FAX  :048-971-6828

e-mail:office_shinn

                          @yahoo.co.jp

 

 いっぽいっぽ中央1150800140

(児童発達支援・放課後等デイ)

越谷市東越谷6-204-1

電話 :  048-967-3878

FAX: 048-971-7285

 

 相談支援事業所A4

特定相談支援事業 1130800723

障害児相談支援事業1170800237

越谷市蒲生茜町29-1

電話: 048-940-1439

FAX: 048-940-1459

 

 いっぽいっぽ蒲生

(児童発達支援・放課後等デイ)

事業所番号 1150800397

越谷市蒲生茜町29-1

電話: 048-961-8467

FAX: 048-961-8468

 

 ・生活サポートSGY

 ・福祉有償運送 

  関埼福第324号

  セダンタイプの車両となります

越谷市平方2003-10

電話:080-5964-8245

FAX:048-971-6828

 

 

蒲生保護者評価 2017.12.11 .pdf
PDFファイル 130.2 KB
平方保護者評価.pdf
PDFファイル 131.0 KB
中央保護者評価.pdf
PDFファイル 127.8 KB