サービスのライフサイクルを知る#426

サービスにはライフサイクルがあります。

サービスのライフサイクルとは、

サービスが市場に出てから姿を消すまでの流れの事です。

 

その流れというのは「導入期」→「成長期」→「成熟期」→「衰退期」の4段階があります。

 

説明は省きますが、私が携わっている放課後等デイサービスという福祉サービスには

地域格差はありますが、

平成25年に「成長期」に入り、

平成30年より「成熟期」へと変容したといっても過言ではない状況です。

 

【成長期】

通常誰もが参入したいと思うのがこの『成長期』です。

市場が急速に伸び始めるため、売上がよく伸びます。

新規参入してくるライバルが増えてきます。

 

【成熟期】

『成熟期』は、サービスも市場の需要もピークとなります。

ライバルも一番多く市場に存在する時期です。

生き残ろうと必死に努力する企業がいるのと同じく、ピークを過ぎた瞬間に撤退する企業も多く出ます。

 

この成熟期に生き残っていくための方法があります。

 

それは

 

1.専門化する。

 

  厚労省は丁寧に教えてくれています。

  PT、OT、ST、保育士などの有資格者を多く配置して専門性を出してくれと。お子様の身体や筋肉、関節、神経、目耳口鼻などの感覚器、内臓、脳などを刺激でき効果的に成長を促したり、専門性を持って愛着形成できる人材の確保が必要です。

 

2.パケージ商品(サービス)を提供する。

 

  放課後等デイサービスだけではなく、

  他のサービスとの組み合わせで家族のニーズにお応えすることです。

  たとえば、放課後等デイサービスと生活サポート、日中一時支援、

  行動援護、相談支援、短期入所などを組み合わせて、働く親御様のサポートを行うことです。

 

3.おまかせメニューの作成。

 

  放課後等デイサービスの利用者は児童生徒とその家族になります。

  働いている親御様に複数のサービス利用について各事業者と

  やりとりする時間や労力を割くのは煩雑です。それを解消するメニューを作成することです。

a

  埼玉県指定 事業所番号

 いっぽいっぽ  1150800066

(児童発達支援・放課後等デイ)

越谷市平方2003-10

電話  :048-971-6990

FAX  :048-971-6828

e-mail:office_shinn

                          @yahoo.co.jp

 

 いっぽいっぽ中央1150800140

(児童発達支援・放課後等デイ)

越谷市東越谷6-204-1

電話 :  048-967-3878

FAX: 048-971-7285

 

 相談支援事業所A4

特定相談支援事業 1130800723

障害児相談支援事業1170800237

越谷市蒲生茜町29-1

電話: 048-940-1439

FAX: 048-940-1459

 

 いっぽいっぽ蒲生

(児童発達支援・放課後等デイ)

事業所番号 1150800397

越谷市蒲生茜町29-1

電話: 048-961-8467

FAX: 048-961-8468

 

 ・生活サポートSGY

 ・福祉有償運送 

  関埼福第324号

  セダンタイプの車両となります

越谷市平方2003-10

電話:080-5964-8245

FAX:048-971-6828

 

 

蒲生保護者評価 2017.12.11 .pdf
PDFファイル 130.2 KB
平方保護者評価.pdf
PDFファイル 131.0 KB
中央保護者評価.pdf
PDFファイル 127.8 KB