ハイハイは大事#473

保育士の資格試験の範囲を流し読みしているのですが、

入幼児期の発達やピアジェの発達論、

生理機能の発達、小児栄養など

概論ではあるけれども、おもしろくかつ役に立つので、深めていきます。

 

ハイハイは、概ね7カ月ころから始まります。

お子さんの成長の過程で「ハイハイ」をしていた期間が短いと、

歩行時に過緊張や低緊張になりやすいです。

 

ハイハイができると、頭をあげて、おなかを床につけ、腕の力で前進します。

すると、首や肩、背中の筋肉がついてきます。

次に、膝の屈伸、足指の蹴る力、上肢の力を左右交互に使って前進するようになると、

胸筋、背筋、四肢の筋肉がついてきます。

次に、首をしっかり上に挙げて、目線が高くなると、

四肢の筋肉、胸筋、背筋が強化されます。

最後に膝を伸ばし、おしりをあげて手と足の指を使って移動すると

足腰の筋肉、腕の筋肉、背筋、腹筋が強くなります。

 

発達の流れを知り、解剖学や生理学と合わせて考えていくと

今やるべき支援が見えてきます。

 

a

  埼玉県指定 事業所番号

 いっぽいっぽ  1150800066

(児童発達支援・放課後等デイ)

越谷市平方2003-10

電話  :048-971-6990

FAX  :048-971-6828

e-mail:office_shinn

                          @yahoo.co.jp

 

 いっぽいっぽ中央1150800140

(児童発達支援・放課後等デイ)

越谷市東越谷6-204-1

電話 :  048-967-3878

FAX: 048-971-7285

 

 相談支援事業所A4

特定相談支援事業 1130800723

障害児相談支援事業1170800237

越谷市蒲生茜町29-1

電話: 048-940-1439

FAX: 048-940-1459

 

 いっぽいっぽ蒲生

(児童発達支援・放課後等デイ)

事業所番号 1150800397

越谷市蒲生茜町29-1

電話: 048-961-8467

FAX: 048-961-8468

 

 ・生活サポートSGY

 ・福祉有償運送 

  関埼福第324号

  セダンタイプの車両となります

越谷市平方2003-10

電話:080-5964-8245

FAX:048-971-6828

 

 

蒲生保護者評価 2017.12.11 .pdf
PDFファイル 130.2 KB
平方保護者評価.pdf
PDFファイル 131.0 KB
中央保護者評価.pdf
PDFファイル 127.8 KB